無利子でお金を借りるための審査や申込み時に必要なもの

無利子でお金を借りる 審査

キャッシングの申請を行うと、審査が行われて返済能力があるかどうかを判断されます。

 

キャッシングの申し込みにはどのような書類が必要でしょうか?まずは、身分証明書が必要です。「運転免許証」や「健康保険証」が適しています
裏と表、両面をコピーして提出しましょう。学生証では受け付けてもらえないので注意しましょう(ただし、学生ローン等では学生証が身分証になる場合があります)

 

ネットから申し込みが可能になったキャッシングの手続き

インターネットからキャッシングを申し込む場合は、必要書類の画像を取ってスマホやパソコンで送信します。または郵送で会社に送る場合もあります。

 

借りる金額が高額な場合は、身分証だけではなく源泉徴収や給与明細など、収入を確認出来る書類のコピーを求められる事があります。キャッシングの申請をする際は、必要書類をコピーして持参すると契約がスムーズに出来ます。

 

消費者金融系のキャッシングは、審査基準が低いので借りやすいというのが利点ですが、金利が高いのできちんと返済計画を立てる必要があります。多くの利用者は、キャッシングやローンが返済可能であると審査されて融資を受けます。

 

キャッシング審査で連続の申込みはマイナスに働く

消費者金融は大手の会社でもプロミス、アコム、アイフル、モビット、ノーローンがあります。それぞれサービスは異なっていますが、金利や借入限度額等では似通っている為に基本的には貸してくれる所で借りるというスタンスになると思います。ただし30日間無利息ローンなどの基準は各社で違うのでチェックはした方がいいと思います。

 

1社でキャッシング申込みをした時に運悪く審査落ちしてしまった時、本当にお金を借りなくては困るという場合には、他の消費者金融に申し込みをする必要があります。その時には1社目の審査に落ちた後に連続して次の金融会社に申し込みをする事になります。そして次審査落ちした場合には、また次の金融会社に申し込みをします。

 

そのような感じで申込みを繰り返す事で1か月に3社以上の金融会社に申込みをする事もあるでしょう。その場合には「申込みブラック」という状態になってしまいます。この事から実際に借入れをする事がなくても、申込みをした時点で個人信用情報機関に登録されている事がわかります。

 

それでもその情報が何年も残るのかと言えば、それ程長くは残りません。申込みについての記録は概ね半年程で消えるという事です。3社以上の金融会社の審査に断られた場合には半年期間を置いて再度申し込みをしてみると良いでしょう。

 

また3社以上断られるという事は何らかの理由があるという事を考えてみる事も大切です。形態本体の分割払いの延滞があった等思い当たる節があるかも知れません。

 

大手消費者金融の審査で最低限必要となる条件とは

大手消費者金融では銀行に比べるとそれ程厳しい審査基準は設けられていません。それは審査が甘いという訳ではなく、それぞれの消費者金融の共通の基準を満たす事ができれば大抵の場合は審査に通る事が可能となります。
各社での共通の基準とは次のような事です。

 

  • ●対象年齢の上限(多くの消費者金融の最高対象年齢は69歳以下)を超えない人
  • ●個人信用情報機関で異動情報(長期延滞、申込みブラック、自己破産等)が無い人
  • ●複数の会社で借入れをしていない人
  • ●継続して安定した収入を得ている人(専業主婦と無職は不可、年金の他に収入を得ている人)

 

審査に通る事ができる人でも、収入等によってそれぞれ初めに設定されるキャッシング枠が異なります。審査に通るか心配な人は、申込み金額を低めにする事で審査に通りやすくなるようです。

 

〈複数の会社で借入れ・信用情報のキズ〉

複数の会社で借入れをしている人を多重債務者と呼びますが、新たな借入れやローンの審査には大きくマイナスに働く事も多いです。ただしその人の返済能力次第では借入れが可能になる事もあります。
信用情報ついては一度キズとして記録をされてしまうと、通常は返済の延滞で1年間、債務整理では5年間は最低でも事故情報が残ります。その間は残念ながら金融機関での審査に落ちやすくなります。

 

申込みが1社だけでなく複数になってしまった時

審査が行われる時、他社での借入れがチェックされます。その時に殆ど同時というタイミングで沢山の金融会社に申込みを行う事で、審査では不利に働く事になると言われています。短期間の内に申込みをしても審査に影響が出ないその数のボーダーラインは、「2社」であるという事です。

 

それでも2社とも審査落ちをしてしまった時、次に行うべき事は更なる申込みではなく、その原因を考える事です。今までクレジットやカードローンの返済等で延滞もなく、債務整理等もしていないのに何故か2社とも審査落ちをしてしまったという時には、その原因をきちんと把握しておく必要があります。

 

その原因として考えられる事は、例えばスマホの代金を分割払いで毎月の料金に組み込んで支払いをしている人がキャリア会社への支払いを延滞した場合にも、事故情報として個人信用情報機関に記録されてしまいます。この事は余り広く知られていない事から、案外うっかりと携帯代の支払いを忘れてしまう事もあるようです。知らない内に信用情報にキズを付けているという事もあるので注意が必要です。その他にはTVショッピングで商品を分割払いで購入した時の支払いの延滞も同様に事故情報となってしまいます。クレジットを利用している訳では無いという事で、こちらもうっかり支払いの延滞をしてしまう時もあるでしょう。

 

このような支払いについて軽く考えていると、思わぬ所で事故情報を作ってしまう事があるという事を認識しておく必要があります。

 

一般的に延滞の事故情報については1年で消えると言われているので、思い当たる節のある人はそれまでは金融機関ではなく、身内や友人等にお金を借りる方が良いかもしれません。

 

もう1つ審査に通らない理由として考えられる事と言えば、勤続年数が1年に満たない事です。その理由しか思い当たらないという時には1年が経過するまで待つ必要があります。

 

返済を見越してお金を借りる金額を考えなければならない

では、なぜ返済が滞るのでしょうか?無理な返済計画を立ててしまったり、失業して収入が無くなってしまった等、理由はいろいろ考えられます。
借りた時は「返せるだろう」と思っていても、何が起こるか分からないのが人生というものです。
病気や事故に遭った場合、リストラに合った場合なども考慮しておく必要があります。
どうせならお金を借りる際には無利子でお金を借りることができたらいいですよね。

 

「毎月この金額なら、ギリギリ返すことが出来るだろう」といったような崖っぷちな返済計画ではなく、ゆとりを持った返済計画を立てましょう。

 

無利子でお金を借りる特集